ご利用ガイド

 

ご注文について

納期

  • 納期は、ご注文内容や数量によって異なります。
  • ご相談をいただいてからご連絡となります。

 

お届け方法

  • 発送確定した日から地域によりお手元に届く日にちが決まります。
  • 福山通運・西濃運輸・ヤマト運輸のいずれかにて配送致します。
  • 送料は別途かかります。

 

お支払い方法について

  • 納品後、請求書をお送り致しますので、銀行振込をお願い致します。
  • 振込手数料はお客様のご負担となります。

 

キャンセル

キャンセルが決まった段階までの実費をご請求させて頂きます。また、変更につきましても可能な範囲内で対応させて頂きます。その場合、金額に差額が生じた場合は、再度お見積りさせて頂きます。

 

保証について

製品には万全を期しておりますが、万一不良品が出た場合に関しましては、手直し、または再度製造し直しにて対応させて頂いております。

 

シミュレーションについて

容器

容器の形状で、適したものが無い場合は、大きさが近い且つ大きめのものをお選びください。より正確な寸法のものが必要な場合ご相談ください。

 

  • カードA: 高級白板紙 古紙を使用していない白い板紙です
  • カードB: 特殊白板紙 古紙に両面白の塗工をした板紙です
  • 高白ラフバガス: サトウキビを原料とした再生紙。表面が和紙のようなザラザラした風合いの板紙です
  • メタル紙: アルミ等を蒸着させたギラギラの板紙です。
    (※メタル紙はキズ付き易い板紙です。多少の擦りキズなどが入ることが有ります)
  • パール紙: パール顔料を塗工した板紙です、真珠のような光沢が特徴です。

板紙のg/㎡ 表示とは1枚あたりの紙の重さのことで、数字が大きくなるほど紙の厚さ・強度・コストが増していきます。化粧品ですと310~360g/㎡が一般的です。

 

印刷

化粧箱の印刷は、オフセット印刷、グラビア印刷、フレキソ印刷等に大別されます。主流はオフセット印刷で、化粧箱に要求される品質、小ロット生産、後工程に優れ、さらに多色刷に適しており最も多く使用されています。 弊社では印刷工程におけるカラーマネジメントを重視し、承認いただいた色校正とのマッチングを充分検討しており、より高品質なカラー印刷を行っています。

<注意事項>

  • 金・銀・白インキは、印刷の単価が2色分の計算になるため、見積シミュレーションでは実際の色数に+1色して選択してください。
  • 例)赤1色+金1色は2色ですが、金インキは+1色なので見積シミュレーションでは3色を選択
  • 1色における印刷範囲が50%以上の塗りつぶし(ベタ印刷)は単価が2倍の計算になります。
    例)赤のベタ印刷=2色 / 金・銀・白のベタ印刷=4色

 

表面加工

表面加工にはさまざまな種類があります。光沢を出してより美しい仕上がりにしたり、輸送中の箱同士の摩擦による印刷面のキズや汚れなどを防止するなどの効果があります。

[ニス引加工]

板紙の表面にニス(透明な樹脂液)を塗って耐久性を出す加工です。
光沢や、耐摩擦性、耐水性などの耐久性をもたせることができます。ツヤのあるグロスタイプと、ツヤ消しのマットタイプがあります。

[プレスコート加工]

プレスコートとは、印刷物の表面にアクリル樹脂をコーティングし、加熱された鏡面版を圧着させる表面加工方法です。平らでなめらかな仕上がりとなり、強い光沢感を再現できます。この光沢感をより強く引き出すためには、カードA・カードBの印刷用紙が最適です。

[フィルム貼加工]

板紙の表面にプラスチックフィルムを接着貼り合せたものです。 品質的にはプレスコートよりさらに光沢性、平滑性、柔軟性に優れています。ツヤのあるグロスタイプと、ツヤ消しのマットタイプがあります。

[箔押し]

箔押しは箔(ホイル)に接着剤を塗布し凸版(箔版)を用いて加圧し、箔を転写する加工です。見積シミュレーションでは、金、または銀の箔押し(30㎜×30㎜)一か所での想定となっております。

[エンボス加工(空押し/浮き出し)]

箔(ホイル)を使用せず、金版で紙面に圧力をかけて型押しする加工です。空押し部分は凹んだ形になります。浮き出し加工は金版で浮き出しする方法で、雄雌型を用いてその間に紙を挟み加圧して仕上げるものです。見積シミュレーションでは、(30㎜×30㎜)一か所での想定となっております。

[色校正]

色校正とは、実際の印刷の仕上がりが表現したいイメージに再現できているか、色の認識が違っていないかを、すべて印刷してしまう前に確認するための試し刷りのことです。色校正を見て思いどおりの色になっていなければ、表現したい色に近づけるべく調整していきます。

化粧箱・紙箱専門メーカーならではのノウハウで
お客様の化粧箱に関するお悩み解決をお手伝いします

化粧品(コスメ)用のパッケージ・紙箱なら
「化粧箱JP」におまかせください

お問い合わせ